口臭

口臭をミントガムやタブレットでごまかそうとしたことはありますか?口臭は、その元を絶たない限り、その悩みは消えることはありません。口臭について、調べていると、「歯周病」という歯の病気にたどり着きました。皆さんは、口臭について考えたことはありますか?また、「歯周病」が口臭の原因である事実についてどう考えますか?「歯周病」について調べているうちに、ミントガムやタブレットで、なんとかごまかすのではなく、口臭や虫歯、歯周病を防ぐための「生活習慣」を整えていかなくては、いけないことに気付きました。私自身は、歯の衛生にあまりうるさくない家庭環境に育ったことあり、歯科の衛生やデンタルケアには、無頓着かつ無神経に日常生活を送ってきました。最近、加齢も気になり、社会人の嗜みとして口臭を防ごうと関連資料を集めるうちに、日本の現代人の8割ほどが、「歯周病」に直面している事実に気付き、日常生活のデンタルケアがどれほどまでに、生涯を豊かにするものなのかを発見するまでに至りました。「歯」というものは、健康の大柱である、食することの土台をつくり、「健康な歯で噛む」ということが、どれほどまでに、身体を健康へ導いていくものなのかを、皆さんにも気づいて頂きたく、「口臭」予防について考えたいと思います。

「おじいちゃんお口が臭い」「お父さんの口が臭い」・・・、こんな家族の会話はどこかで聞いたことはありませんか?他人が感じる口臭の原因の9割が、「歯周病」が起因となる悪臭だという事実を知っている人はどのくらいますでしょうか?昨今では、口臭外来といった、口臭に関する専門外来の窓口を設ける歯科があるほど、口臭をシリアスに感じている人がいるのかもしれません。口臭をシリアスに捉えることは、決して間違いではありません。なぜなら、悪臭の元となっている「歯周病」が、身体に与える健康被害は、皆さんが考えている以上に、莫大なものだからです。

加齢とともに皆さんに忍び寄る、「口臭」の悩みを解決すべく、その背景にある「歯周病」なるものの存在に気付いて頂ければと思います。「歯」や「咀嚼」、「セルフデンタルケア」、「歯科の定期検診」の重要性について、知れば知るほど、歯科に行くことや歯磨きの時間が楽しくなるかもしれません。