歯周病と女性

歯周病と女性の関係性は、男性の関係性と比較すると密接であることは御存じですか?
女性が妊娠すると、女性ホルモンの関係で歯周病になりやすくなると言われています。
歯周病菌のなかには、女性ホルモンを好む細菌がいるそうです。また、つわりの時期などに、歯磨きから遠ざかってしまうと、歯周病、虫歯の菌が増殖してしまう可能性が高くなってしまいます。歯周病の妊婦さんは、そうでない妊婦さんと比較すると、出産でのリスクが高くなるともデータが出ています。早産や、低体重児出産のリスクが、6~7倍高くなる可能性があると言われています。歯周病や虫歯を放置したまま、出産を迎えてしまうと、子育て中に、お子さんにうつしてしまう可能性もでてきます。出産後の忙しさを考えると、なかなか歯科へ治療や検診に行くことはむずかしいとなると、歯周病の出番です。待ってました、とばかり、お口の中の細菌が、活発に悪さをしはじめます。女性は、エチケットにも敏感な方が多いので、歯磨きは、常日頃から行っていると自負している方も多いかもしれませんが、女性の身体はあ、生涯の中で様々な身体の変化が現れます。その、身体的な変化の中で、望まなくとも歯磨きから遠ざかることもあるのです。一時の油断が、歯周病を招くこととなります。日常生活の中で口内の細菌は、なるべく減らすような生活習慣を心がけましょう。また、妊娠中や妊娠の可能性がある場合などの歯科受診は、ドクターと相談をしながら受診しましょう。安定期に入れば、通常の診察は問題ないと言われていますが、ご自身の体調のことなどは、診察前に事前に伝えておくべき事柄です。