歯はプロフィール

仕事の忙しさにかまけて、長年放置した虫歯の治療に先日、歯医者さんを訪れた時のお話です。
勤務に追われ、歯科医院に通う余裕がなかったので、職場近くの初めて行く、歯医者さんに予約をいれました。初めて行く、歯科医院だったので、初対面の先生に緊張しながら、診察台の椅子に座り、口を開け、目をつぶっていると、私の歯を診察するや否や、先生は、「ジュースは好きですか?良く飲まれますか?」と、質問されました。私は、「実は、味のついていない飲み物は苦手なんです」と、答えると、先生は、「小さい頃の自宅の冷蔵庫の中を思い出して下さい。お母さんが、いつも、炭酸飲料やオレンジジュースを、冷蔵庫に冷やしておいてくれたのではないですか?」と言うのです。私は先生がなぜこんな質問をするのか、理解はできませんでしたが、母が、毎週、酒屋に、父の瓶ビールを1ダース注文する際に、私の分のジュースを、箱で届けさせていたことを話ました。先生は、こんなお話があるのですが、御存知ですか?ねずみのお話なのですが・・・、と話はじめました。

乳離れした、子ネズミを集めて、3つのグループに分けて、それぞれに、①お水、②塩水、③砂糖水のみを、一週間ほど与えました。その後、数週間の放置期間を置いてから、改めて①お水、②塩水、③砂糖を、自由に飲める環境に子ネズミたちを放すと、数週間前に、お水を飲んでいたグループはお水を、塩水を飲んでいたグループは、塩水を、また砂糖水を飲んでいた子ネズミのグループは、砂糖水を好んで飲んだそうですよ。今日、はじめて歯の診察をしてみて、君は、幼い頃、日常的に、お水ではなくジュースを飲むような環境で育ったのではないかなと思ったのです。虫歯の無い人、または、虫歯の少ない人の生活習慣には、共通点があるのです。また、虫歯の多い人、虫歯になりやすい人の生活習慣にも同じことが言えます。本日から、数回に分けて、虫歯の治療を始めますが、歯科医院に通院するだけではなく、患者さんには、ご自身の生活習慣を改めて、見直して頂くようなアドバイスもさせて頂くこともございます。長年の生活習慣を改めることは、簡単なことではないかもしれませんが、虫歯の痛みと、治療の痛みと共に、是非、天秤にかけてみて下さいね。

歯の診察をしただけで、患者さんの幼少期の生活習慣が分かるなんて、歯は、ある意味、自分のプロフィールでもあるのかもしれないなぁと、治療をしながら自分の生活習慣の改善を考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です