歯の着色汚れをなくすためには

コーヒーやお茶、タバコなどの嗜好品がある人や、加齢によってエナメル質が減ってしまった人は歯の着色汚れが起きやすいと言われています。色素沈着が起きた場合は、歯磨き粉を使った正しい歯磨きで予防できます。歯の色が気になる人のために、自分で美白のできるシートタイプの美白歯磨き粉や、くすみを落とすことに特化した電動歯ブラシなど、さまざまな商品が販売されています。それでも既に落ちない場合や、さらにしっかりとした予防を行いたい場合には歯科に相談をしてプロの処置を受ける必要があります。もともと持っていた色に戻すことや、さらに白くすることも可能です。

歯を白くする方法は、大きく分けて三つあります。一つ目は、単純なクリーニングです。歯垢や歯石の除去(スケーリング)、タバコのヤニやコーヒーなどの着色をパウダー状の水流にして飛ばす除去(エアブロー)、歯の表面や歯間を磨く除去(ポリッシング)など、クリーニングだけでもさまざまな方法があります。汚れの種類によって、選ぶ方法が変わってくるそうです。二つ目は、ホワイトニングです。薬品を使った漂白方法で、もともと持っていた自分の歯の色よりも白くすることが可能です。加齢による黄ばみや、嗜好品による着色が内部に沈着してしまった人向けです。三つ目は、ラミネートニベアです。歯の表面を薄く削り、そこに薄いセラミックの板を張り付ける方法です。本物の歯と同じくらいの自然な発色で、透明感のある色味に仕上がります。ホワイトニングで対応できない歯にも可能な治療方法ですが、値段が高くメンテナンスが必要です。どの方法が合っているかは、歯科に相談の上で決定します。着色した後の処置も大切ですが、まずは自宅での予防から意識していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です